顔の産毛処理について

わたしはついこの間まで顔の産毛を剃ったことがなく、顔の産毛を剃るなんて考えたこともなかった者です。
たまたまテレビを見ていて、顔の産毛を剃るメリットがたくさんあることを知り、そこから顔の産毛を処理することがどんどん日常的になってきました。
わたしは、顔は普通のカミソリでは誤って顔を切ってしまいそうで少し怖いため、フェイス用のカミソリを使用しています。
クリームをしっかり塗って滑りを良くしてから産毛処理をして、終わると保湿クリームを塗り全体的にしっかり保湿するようにしています。
顔の産毛処理をしてからわかったメリットは、産毛を剃ることによって顔のトーンがそれまでより明るくなるということと、化粧ノリがすごく良くなるということです。
あまり気にならないと思いがちな顔の産毛も、じっくり見ると黒や茶色の色をしているため、全体的に産毛が生えていることで顔のトーンを落としてしまっていたようです。
これから、体の体毛と同じように、顔の毛にも気を遣いながら生活していく上で、今はまだ自分の手でしか処理をしたことがありませんが、体の脱毛と同じように、プロの方にやってもらい、違いを実感したいなと思います。
いつも外気に触れ、人の印象にも一番に残るのが顔であるからこそ、顔の産毛処理はとても大事だと思いました。

女性専用の顔剃り専門店

幼い頃に父親と一緒に床屋へいって、父親が顔を剃ってもらうのを見た経験があるかたは少なくないと思います。あったかいタオルを顔に乗せて、ふわふわに泡 立てたシェービングクリームで顔を剃ってもらっているのをみて、自分も顔剃りをしてもらいたいと毎回思っていました。たまたま会社の同僚から、最近女性専 用の顔剃り専門店があると聞き、まずは一度試してみようと同僚を誘ってサロンを予約しました。父親が通っていた「床屋」とは違い、女性専用というだけに、 きれいな店内。専用の椅子に座って、メークのクレンジングとパックから始まりました。お肌がリラックスしたあとは、床屋さんが使っているあの「カミソリ」 で顔をシェービング。小鼻の周り、その上いままで一度も剃ったことのない耳の産毛などの細かい部分まで剃ってもらいました。心配した眉毛も形が崩れること なく終了。顔を剃り終わった後は、さらに鎮静パックと呼ばれる美容パックと、肩を軽くマッサージしていただき一通り終わった後は、気分もすっきり。お肌も ピカピカで産毛がなくあったせいか、肌の色がワントーン明るくなりました。初めての専門店での顔剃りは大満足の結果で、その後一緒に利用した同僚と定期的 に利用し、顔剃りサロンの大ファンになりました。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

光脱毛用いるマシンはIPL(インテンスバルライト)です。IPLによる 光線バイタリティが毛が生まれる誘引の毛根メラニンに損傷を及ぼすことで脱毛させます。エステサロンに用いられているマシンは殆ど光脱毛です。サロンに よっては光脱毛ではなくてフラッシュ脱毛やIPL脱毛と言います。レーザー脱毛と引き比べてみて光パワーの程度が低く鋭敏肌でも安心して使用することがで きます。毛サイクルにピッタリの脱毛放光を行います。期間は人によって差がありますがたいていの人が大体2か月から3か月サイクルで実施されています。毛 の太さや量によっても個人差がありますが大体1年半から2年くらい反復することで殆ど毛が生まれてこなくなります。近頃ではホームケア専用の光脱毛マシン も売られています。脱毛サロンのオペの時ほどのパワーはないので、脱毛サロンでオペするほうが効果抜群なのですが、価格は大体2万円ほどなのでサロンに通 う際に費やされる時間と労力や料金などを考慮するとホームケア専用の光脱毛マシンの方がより安いです。手広いオペが最短化された時間内でで可能ことも特質 でワキの脱毛の場合なら10分くらいでオペが終了するので職務や育児で多忙な人でもあっさりとオペを受けることができます。

脱毛サロンで 行われることが多く、広い範囲に放光が可能で、リーズナブルなオペができるけど放光パワー程度が低いのが光脱毛、クリニックで使用することが多く、たった の1回の放光で仕上がる特定の領域が狭いためオペに時間がかかり、料金が高いです。けれど脱毛効果が高いのでレーザー脱毛とい部類とし記憶しておきましょ う。